ハナビラタケに含まれている成分

ハナビラタケは、カラマツなどの針葉樹林に自生するきのこで、ベータグルカンが豊富に含まれています。標高1000メートル以上の山岳に存在しており、自生量が少ないのが特徴です。人工栽培もされるようになっており、スーパーなどでも購入することができるようになってきています。白血球の減少を抑制して増加させることで、抗がん作用、癌の予防や治療に効果がありmす。抗がん剤や放射線治療の副作用を軽減するはたらきもあるため、併用して摂取すると良いでしょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 亜鉛サプリの使い道には All rights reserved